ホーム > 株式投資 > リスクを背負う

リスクを背負う

ようやく開始する時という段階では何をおいても事前対策を横着してはいけません。

取引を始める前であるとすれば、物事を理性的に見つめる事ができる余地があります。

 

しかし、一度取引の内部へ立ち入ってしまうとどうあがいても物の見方が自己中心的になりがちで、往々にしてちゃんとした判断が分からなくなるリスクを負います。

 

そのために自らの考え方が理性的な時に、間違いない事前準備が重要です。

 

"事前準備"するためには、始めに自分なりの脚本を作る事から行います。

 

今からの為替相場はああだから、この外貨を売る(あるいは買う)というふうに、ストーリー展開を考えていきます。

 

次はローソク足チャートを調べましょう。

 

それまでのマーケットの上下を見て、今日の価格を確かめます。

 

そうしたら、「現時点ではだいぶ高すぎる場面にあるな」など、それとも「もはや多くの人々が仕かけているから今さらしかけてももうなすすべがない」ということが理解できます。

 

今となっては買い(または売り)するのが間に合わないなと思ったら売買しないで、きっぱりとあきらめることか大切です。

 

どうあがいても自分なりの台本を押し通そうとして強引に新規エントリーすると、為替相場にやられてしまいかえってマイナスになる危険性があります。

 

ただ大体の場合準備が整った自分なりのストーリー展開を作っておけば、仕かけるのが遅いということにはならないだろう。

 

明確に市場が動意する前の状況のはずだからです。

 

次に、まずは自分が取引しようと思っている通貨ペアの変動を、きちんと確認する事が大事です。

 

例えばドル高になるはずだというストーリー展開を描いたのであれば、ドルの変動に用心しておきます。

 

外国為替市場の上げ下げをチェックし始めたばかりでは、まだまだドルは明確に上げ下げする様子を見せることなく上や下に小幅な動きを繰り返しているだけだろう。

 

しかし、その上げ下げをじっとチェックしていると、ある位置でゆっくりと、ドル高の方向へと変動し始めます。

 

この場面でいよいよ、ドル円のエントリーします。

 

通常は、そこまで注意深く用意をやっておけば、その取引で利益を上げる確率は大きくなるはずです。

 


関連記事

  1. リスクを背負う

    ようやく開始する時という段階では何をおいても事前対策を横着してはいけません。 取...

  2. テスト

    テスト記事です。...