ホーム > クレジットカード > 銀行のおまとめローンのデメリット

銀行のおまとめローンのデメリット

銀行からおまとめローンを借りてローンを一本化する時に、気をつけたいことは何でしょうか。

 

おまとめローンは、審査のハードルが高めに設定されているといいます。おまとめローンでは、今借りているローンを全額返済するために、高額融資が必要になります。

 

銀行のような融資をするほうも、そう軽々しくお金を貸すことはできないのです。

貸したお金を返せないような人に高額の融資を行ったら、銀行としても大損になってしまうのは目に見えています。

 

審査を行う時も、銀行は貸したお金を返してくれそうな客なのかという点を重視するようになります。銀行によるローンの審査に通って、おまとめローンによってお金を借りられる用になった場合、要は借金が一度に返済されているわけです。

 

月々の返済負担が軽減されるため、新しくローンを組む余裕も出てきます。

 

かねての懸案事項だった複数のローンをまとめることができたために、もう大丈夫だと考える人もいます。

その結果、他の欲しいものや、お金がかかるものに目がいくようになります。

銀行から借りたおまとめローンの返済が終わっていないのに、次の融資をしてしまって、結局、多重債務状態が続いているという人も少なからずいます。

 

おまとめローンを銀行から借りることでローンの負担が減ったとしても、認識しておきたいことがあります。

 

おまとめローンを使ったとしても、借りたお金が消滅したわけではなく、返済義務は変わらず残っています。

 

おまとめローンの審査に通ったことで、問題が一気に解決したような気分になることは錯覚です。

 

おまとめローンで返済計画をしっかり立てて、銀行などからの無用な借り入れを増やさないように気をつけることです。これはギャンブルの借金返済の場合も同様です。しっかり計画を立てて、遊ぶ事もほどほどにしなければなりません。


関連記事

  1. 銀行のおまとめローンのデメリット

    銀行からおまとめローンを借りてローンを一本化する時に、気をつけたいことは何でしょ...

  2. テスト

    テスト記事です。...